私は6年間の静視の間、私自身がブリーディングをするのは無理だと考えてきました。
それは、我が家は集合住宅であり、住宅密集地であり、犬を多く飼育できる環境ではないからです。

昼間は普通にサラリーマンとしてホワイトカラーの仕事をしています。
仕事は犬と暮らす私にとって、とても恵まれた環境にあり、愛犬と一緒に出勤し仕事が終わると
皆でドッグランで遊び共に帰る、という生活をしています。

コーギー・カーディガンという種に魅了され、守りたいと願っても、あるのは知識だけであり、
私には場所も経験もありません。
カーディが快適に暮らす環境を準備できないのですから、気持ちだけでブリーディングに手を出すことできません。

だから、【できる事はない】、と思っていたのです。

私が一部借受するビクトリーロードうえむらさんは、小高い丘の上にあります。
敷地は1,000坪(3,305.785㎡)。

s-CIMG4925.jpg
運動場で遊ぶシェルティとカーディ

そこに自宅と犬舎(25坪(82.64㎡)) 、雨天運動場(20坪(66.11㎡))、運動場(600坪(1,983.47㎡)があります。

約50頭のシェルティが暮らしていますが、4名で日々お世話をしていて、毎日の運動と1~1.5月に1回のシャンプー、
日々のブラッシング等、早朝から夜遅くまで犬の世話に追われています。

犬舎は犬が快適に暮らせるようにもちろん冷暖房完備。

犬が妊娠した時は母屋(自宅)でストレスがかかりにくい環境にし、出産にはモチロン立会い。
異常があればすぐに病院に走ります。

s-CIMG4946.jpg
麗ちゃん

女の仔の出産は年に1回以下。3~4回出産すると、自分たちを食べさせてくれた大切な仔、
として終生そこで大切に飼育されます。
約50頭のシェルティのうち、30頭以上は出産を終えたシニア犬。

上村さんのところで過ごす犬たちは、シニア犬も含め全ての仔が実に管理が行き届き、いつ遊びに行っても、
皆ピカピカ、キラキラなのです。

血統を学び、犬を学び、遺伝に配慮し、スタンダードに沿ったシェルティを
守るブリーダー


犬の管理はとても大変だろうに、それを嬉しそうに、楽しそうに、いつも私に話してくれます。

私がブリーダーとはこうあるべき、と思っている姿がそこにありました。

s-CIMG4938.jpg
慶くん

上村さんだから、協力をお願いしたいと思った、というのが事実です。
だから、知識しかない私に、不足している部分を協力する、そう言ってくれた時は本当に嬉しくて。

ただ…ただ…日本で、スタンダードのコーギー・カーディガンを守りたい。
その気持ちを受け止めて下さった上村さんに感謝しています。

cadiana-.jpg
スポンサーサイト

New Family

マールカラーの美しさと危うさ ~遺伝子の話2~

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。