前記事からしつこくしつこく書いているマールの危険性。

この話は、随分前…10年程前から知っていることでした。
マールカラーが認められている犬種はカーディを含め十数種ありますが、全ての犬種において
この危険性は共通しているものです。

危険性を理解せず?理解していても高値販売できるから?か、この危険な交配は、日本では今も行われ続けています

s-CIMG5197.jpg
麗ちゃん、頼くん、慶くん。すっかり仲良しです。

私は、幾つかの犬舎に連絡を取り、マール交配の危険性を伝えようとしたことがあります。
その時の回答で覚えているのが…

「貴重な情報ありがとう」という言葉と共に、
「日本では禁止されていないから」という返答で、危険繁殖が終わることはありませんでした。

s-CIMG5267.jpg
「おかーしゃーん」By慶  「おかーしゃーん」By麗

マール因子は色素組成を著しくランダムに抑制し、大理石のような模様を作り出しますが、
K因子(ブリンドル)はM因子の抑制を受けずに現れる為、毛色の表れとして著しく抑制したようには見えません。

s-CIMG5270.jpg
「ちょっとだけよ~」By麗 

恐らく著しく抑制したカラー(退色化)として毛色に表れない為、そう思われているのでしょう。

「健康になったと思っていた」という言葉を聞いた時、

私は唖然とし、愕然とし、
知識なく理解無いブリーディングならば、どんなに長くしていても、健康配慮もない
私はそう思い知らされました。

s-CIMG5246.jpg
「なんか発見~」 By頼

DMやPRAを始めとする遺伝疾患を発症するのは、成犬になってからの事が少なくありません
仔犬から飼育するのが一般的な日本では、それらの責任を負うのは飼育者です。

家族に迎えて数年後、愛おしくてたまらない我が仔が失明したり、歩けなくなったり…
その愛犬の治療費を払うのも、痛みに耐える我が仔を看るのも、治療方法がなく悲壮するのも飼育者。。。
ブリーディングに携わる者が知識を持ち、配慮してブリーディングすれば、背負わなくてもよい悲しみです。

我が家の犬舎からカーディを迎える方に、そんな思いはさせたくない。。。
それが、プロとして、命を扱う者としての責任。私はそう思っていますし、
その責任を果たす覚悟がある方しか「繁殖」に手を出してはいけないと私は思うのです。

cadiana-.jpg
スポンサーサイト

2015年4月19日 FCI四国

New Family

comment iconコメント ( 2 )

初めまして。
「日本では禁止されてないから」の言葉に愕然としました。
ブリーディングをされている方とお話したことはないのですが、
そういう感覚の方もいらっしゃるのですね・・・。

私は都内のマンションで、センターから引き出した元保護犬のコーギー(P)と暮らし始めて
3年半(保護当時推定6歳)ほど経ちました。
コーギーと暮らすのは初めてなのですが、コーギーの良さに触れては日々愛情が増すばかりです。

この子は、引き出し当初から股関節形成不全で歩行に異常が見られていたのですが
一年くらい前からDMを発症したようです。
マッサージ・トレーニング・サプリなど、調べて少しでも良い物があれば試しながらも
徐々に動かなくなっていく様子を見ると
「どちらの病気も繁殖のコントロールで避けられる病気なのに・・・」と思ってしまいます。
生きていれば病気になることは普通のことですから、決して病気が嫌などとは思っておりませんが、
ボール遊びを始め動くことが大好きで、本来なら足腰が弱って歩けないほどの年齢ではないのに
もう何もなしでは、走っておいかけることもできないのが不憫でなりません。

酷い言い方かもしれませんが、禁止されていないからと危険な繁殖を止めないような方は
本当にその犬種を愛しているとは、私には思えません・・・。

名前: エム [Edit] 2015-06-19 09:36

コメントに気付かず返信が遅れてしまい申し訳ありません。
私はこのような繁殖屋を犬屋を「ブリーダー」とは思っていません。
それは上記のように、マールに関わらず正しい知識と繁殖を行う方の少ない方…お金儲けばかり考えている方がとても多いから……仰るとおり犬種を愛していいるならばとても許されざる行為をしているところも多い。
資本主義の需要と供給という名に愛すべ犬たちが愛護動物ではなく、産業動物として存在する日本だから、許しているもの日本全体です。
日本で暮らすペンブロークのDMキャリア率は約6割を超えています。
その中でその危険性を理解し、DMの検査をしている方はどのくらいいるのでしょう…
日本でのペンブロークのDM発症率が海外と比べて突出して多いのは、そのあたりの低さだと思います。
悲しすぎます・・・

名前: ゆり [Edit] 2015-07-11 11:18

コメントの投稿