2016年3月25日から始めた交配。4月30日にエコーで受胎が確認できて、
5月23日にレントゲンで7頭以上の受胎が確認できました。

20160606 (2)

20160606 (3)

頭数の多さに帝王切開の段どりを組んでいた最中、5月24日夕方から25日早朝にかけ自然分娩で出産しました。

実に4日以上早い出産でした。

スタンダードのカーディガン、5~6頭ならば330~380gで出産するのが通常です。

7頭以上の胎児だったので、死産の可能性、300gを切る仔もいることは想定していたのですが、

胎内には9頭の仔犬。

4日早い出産で、産まれた仔犬は130g(チワワの出産サイズ)~と予想をはるかに超える
小ささと未熟さでの出産でした。
仔犬は出産予定ラスト1週間でどれだけ大きく成長できるか?が鍵になりますので、
この4日前は致命傷といえる早さです。

うち、2頭は出産に耐え切れず死産。うち4頭も蘇生とカテーテル授乳の甲斐なく
生後48時間内で虹の橋を渡りました。
そして、昨夜深夜。さらに1頭。
この1頭は生後8日でも一度呼吸が止まり、心肺蘇生でなんとか戻ってきた仔。
生後60日を超えてから、詳しい検査の為に受診予定の仔でした。

母子ともに危険な状況であった時期もあり、仔犬さんがどこまで頑張ってくれるか
分からなかったから、お知らせが遅くなったのも事実です。

頑張っている仔の性別は、オス1頭、メス1頭。ともにブリンドル&ホワイト(差し毛が出らずセーブルの可能性あり)です。
出産200g~スタートだった仔犬さん、やっと500gを超えました。
(写真は2016/6/5(生後12日目))
20160606 (4)
20160606 (7)
20160606 (1)
20160606 (5)
20160606 (6)

この件に関し、ずっと相談に乗りアドバイスをくれる、オーストラリアのブリーダーさん、
アメリカのブリーダーさん。
そして、それをずっと翻訳と電話でサポートしてくれるMさん。
(私の英語力はまだまだ凄く低いので)

改めて命を産みだす事の責任と、犬種を守る難しさを感じていますが、今はとにかく
この2頭が、無事に育つことを願い、私はサポートに徹することに注力します。


cadiana-.jpg

スポンサーサイト

収支報告 -5月1日~5月31日-

収支報告 -4月1日~4月30日-

comment iconコメント ( 1 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2016-06-11 18:41

コメントの投稿