すっかり秋めいてきました。残暑が厳しいとかいわれていた割には凄く過ごしやすいです。
ゆり地方は今日は1日雨でした。

さて。
2016年9月15日。我が家の長女、愛さんが虹の橋を渡りました。
20160918 (11)

2015年9月に発見された原発性(推定)の肺腫瘍。肺腫瘍のほとんどの場合が浸潤性、転移性のもので、
手の施しようがありませんが、原発性のものは、積極治療の切除手術により唯一完治が見込める肺腫瘍です。

積極治療を選択しない場合の原発性肺腫瘍の余命宣告は2か月~1年。

コーギー・ペンブロークの平均寿命は12~13歳。私は平均寿命を過ぎた後は神さまに貰った時間だと思っています。

15歳を超えていた愛さんに、私は積極治療ではなく、緩和治療を行い、余命を受け入れる選択をしました。
愛さんができる限り苦しくないように…快適に過ごせるように。

クリスマス、正月、桜、紫陽花、プール…数か月単位で共に過ごす目標をたてながら1年。

20160918 (5)
蘭さんを迎えた2001年。

20160918 (6)
元気いっぱいの2007年。まだレッドの毛色が濃いです。

20160918 (7)
2008年。熊本でオフ会をした時。

20160918 (9)
2009年。東京でスリングで電車に乗りました。今は禁止されてるけど、この頃はまだOKだったんだ。

20160918 (8)
2009年。優さんを保護した頃。まだ優さんが家族になると思ってなかったね。

20160918 (10)
2011年。優さんが家族になって3頭姉妹になった。

20160918 (1)
2012年。福岡に帰ってきて本格的な保護活動。保護っ仔のサンタくんとの大きさ比べ。
いつでも良いリーダーでした。

20160918 (2)
2014年。保護っ仔の豆助くん。豆助の事、愛さん大好きだったね。

20160918 (4)
2014年冬。家族に慶くんと麗ちゃんが増えて大所帯に。

20160918 (3)
2015年。保護っ仔の明良と。いつも一緒に寝てたのを覚えてます。

15歳からは愛さんが、私の心の準備の為にくれた1年。貴方の「死」を受け入れる為にくれた1年。
愛さん、本当に頑張ってきました。

亡くなる当日朝まで食事を自力完食し、夕方まで自分で排泄。
最期は私の腕の中で息をひきとりました。

享年 16歳3か月。

目を閉じれば貴方の駈けまわる姿が浮かぶ。ボール遊びが大好きだった。泳ぐのが大好きだった。
食べることが大好きだった。
年々偏屈で頑固なイジワル婆さんになり、耳はほぼ聞こえなくなっていたし、痴呆症状もあったけど、
全てが愛おしくて、可愛い婆さんだった。

貴方には我が家で、沢山の我慢を強いてしまったかも知れない。
本当は、うちじゃない方が倖せになれたのかも知れない。

でも。
貴方を家族に迎える事ができて、私は本当に倖せでした。

我が家の娘になってくれてありがとう。
16年3か月一緒に居てくれてありがとう。
沢山の大好きをありがとう。
私を蘭や優、慶や麗、頼と出会わせてくれてありがとう。

虹の袂で、皆と私が行くのを待ってて下さい。
またね。

最新情報はFacebookで随時更新中です。

cadiana-.jpg
スポンサーサイト

血液型検査とα-Family-

巣立ち-Family-

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。