週刊東洋経済(2016/9/10号)を読んでみた。
20161008 (8)
ここから購入できます
「みんなペットに悩んでいる」
50P弱の特集で、現在の日本におけるペット産業の闇と殺処分の現状、
それからペットの病気、老い、死。葬儀。
考える記事でした。

20161008 (1)
蘭さんの心臓病末期の疼痛治療中の写真、このまま緊急入院、酸素室でした。

病気になったから要らない、高齢になったから要らない、看取るのが辛いから。。。
引越しするから。言う事をきかないから。身内が飼ってたんだけど不幸があってうちでは引き取れない。
そんな理由で保健所に持ち込まれる命も……現実として…あります。

同じ理由で捨てられる命もあります。
何故捨てられたって分かるか?って、
オムツをした、起立不能の犬が公園等で収容される事実があるからです…
歩けないのに…どうやってそこまで移動するの?って考えたら分かりますよね。

若くて綺麗な、純血種やF1MIX(異なる純血種同士の交配の犬)、明らかに可愛がられていた様子の
犬の収容が2~3月には増えます。この時期、人の卒業や異動の時期ですよね…

20161008 (4)
優さんは保護してうちの仔になった仔です。腸切除の関係もあり胃腸が弱く、よく病院通いしています。

このような特集が組まれるのって間違いなく「家族」として動物を迎える方が増えているから。
それは嬉しく思います。

20161008 (5)
愛さんは、長い時間疼痛コントロールの治療をしていました。

最期を看取るのって辛いです。

20161008 (2)
蘭さん、酸素マスク(吸入)しながら通院しました。

でも、それ以上の沢山の思い出や笑顔を、優しさあなたに与えてくれます。
最高医療を望んでいるのではない、傍に寄り添って最期に抱きしめてあげて下さい。
飼主の責任であり、最期に家族にしてあげられる事を放棄しないで下さい。

20161008 (7)
20161008 (6)

最後に一言。
明日事故にあうかも…天災にあうかも…明日、自分の身に何が起こるかは誰にも分かりません。

万が一離れ離れになった時に必ず戻ってこれるように「迷子札」の装着を365日24時間!!!
マイクロチップの挿入&登録もとても有効です。
護るべき家族(ペット)の為に、万が一の時にはお世話してくれる方を探しておきましょう。



最新情報はFacebookで随時更新中です。

cadiana-.jpg
スポンサーサイト

収支報告 -10月1日~10月31日-

収支報告 -9月1日~9月30日-

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿